男性看護師のまいにち

就職半年で退職。派遣看護師を経て精神科ナースとして働く男性看護師が、日々考えたこととか転職とか、いろいろ書きます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

インフルエンザ流行ってますね

インフルエンザの全国的な流行の兆しに警報
>>国立感染症研究所によると、16日に発表した内容では、直近の一週間(5〜11日)でインフルエンザの患者数が全国の域に広がって増えているとして、全国的な警報レベルに達したと発表しました。

流行ってますねインフルエンザ
僕の働く病院でも絶賛流行中!!w
正月には、他の病棟で患者さんの間でインフルエンザが流行しちゃって、病棟閉鎖。
我が病棟では、患者さんに発症者は出ていませんが、職員間で流行中。
今日現在、3人も出勤停止になっています。

インフルエンザの予防策と言えば、手洗いうがいですよね。
ちょっと調べてみたら、うがいは水だけの方が効果的なんですね。
猛威をふるうインフルエンザ!「うがい薬は逆効果」「ソープの薬用成分は意味なし」間違いだらけの予防知識とは?
イソジン、インフルエンザ予防には意味ないって事でFA。
スポンサーサイト

患者からの暴力

救急外来での暴力、医師の4割、看護師の9割超が経験

病院で働いていると、自分が被害者になるかどうかは別として、患者からの暴力というのは身近な問題ですよね。
僕も新卒で就職した病院に入って一週間くらいで、先輩が認知症の男性患者から暴力を受けるのを見てショックを受けたのを今でも覚えています。

デイサービスでバイト

今日はいい天気でしたねー

みなさんいかがお過ごしでしたでしょうか??

僕ですか?
僕はバイトしてきましたよ!
初の看護バイトです

バイト先はデイサービス。
今日だけ勤務の、単発バイトってやつです。

今の勤務先は定時上がりだし、休日に研修が入る事も無いので「バイトでもすっかなー」っていう気持ちに最近なってきて、看護バイトの派遣会社に先日登録してきたんです。
時間に余裕ができるって素晴らしいね。うん。

そんでもって、肝心のバイト内容はというと。。。
朝8:15分に集合。
着替えます、、、10分ほどデイサービスの人から説明受けて、しばし待機。
9時前くらいから利用者さんが集まりだし、来た方から順にバイタルとって、記録して、、、、
それだけ。以上で仕事終わり。

いや、大げさに書いてるとかじゃ無くて、マジです。
それだけで終わりなんです。
終業時間は17時なんだけど、それまで何してたかっていうと。
座ってました
いやいや、ほんとうに。
座ってただけ。
そして、睡魔と戦ってました。
利用者さんが、輪投げしたり、おやつ食べたりしてるのをひたすら座って見てるだけだったんです。

もちろん「何かすることありませんかー」って一応のやる気を見せてはみたのですが。
「あー、、大丈夫ですよ」って素敵な笑顔で返されましてね。
じゃ、いっか。ってずっと座ってました。

何で、こんな事になっているのか自分なりに考えてみたのですが、恐らくですが、派遣の看護師なんて毎日違う人が来るし、仕事教えても仕方がないって施設の人も考えているのかもなって思います。
せっかく教えても、その人は二度と来ないかもしれないし。それだったら、何もしなくていい。座っているだけでOKってなっちゃうのかも。

働く方としては、楽は楽なんだけど、何もすること無いってのもちょっと辛かったです。
学生時代の実習の時の方が、利用者さんと一緒にレクしたりとか、色々出来て楽しかった。
でも、まあ、ボーっとして時給2千円だから、美味しいと言えばおいしいかな。

来週は訪問入浴のバイトをする予定。
訪問入浴はボーっとはしていられないらしいので、覚悟して向かわねば!

ちなみに僕が今回登録したのはココ
MC─ナースネット

職場の人に聞いたら、いくつか登録した方がいいって言ってたので他の会社も登録しようかな。。
ブログ読んで下さっている方で、オススメの会社とかあったら是非教えて下さい!

無力だなぁ、と、感じたはなし

僕が今働いているのは、精神科の急性期病棟。
今の時期(秋〜冬にかけて)はなぜか若者の入院が多いんです。
20代、初めて精神科に入院しました的なね。

んで、最近僕の受け持ちチームに希死念慮(自殺願望)が強い20代の女性が入院してきて、彼女もまさにそういう若者。
調子良い日もあるんだけど、昨日は一日中「死にたい、限界だ」の嵐。
しばらく話を聞いたり、追加のお薬飲んでもらったり、院外散歩に一緒に行ったりしたけど全然ダメ。
爪で自傷しちゃってるし、Drに相談したけど「はぁ、そうですか」で終わりw

僕は、個人的には、死にたいっていう人は、死ねばいいと思っている方なんです。
そういう気持ちって治療でどうにかなるものでもないと思うし。
そんな、観念上、抽象的な思考上は、割と冷たい意見の人間なのかなとも思うのですが、いざ「死にたい」っていう人を目の前にすると「いやいや、ちょっと待とうよ」ってなるんです。
なんとかしてあげたいな、と。

でもね、やはりどうにもならない場合が多い。
今日がまさにそうでした、死から目を逸らしてもらおうと、色々試してみたけれど、全然ダメ。
結局最後は「風呂に入れ」というわけのわからないアドバイスをして、その場を離れる始末。

ああ、ほんとに無力。
何か患者の役にたつ事が出来たのかなあ。
何か患者の役にたとうなんて考える事自体、おこがましい事なのかな。

看護学校を受けるまで2

そんなこんなで、看護学校受験を決めたのが秋くらいだったと思います。
当時の僕の認識としては、「専門学校=願書出せば受かる」って思っていたのですが、看護学校について調べてみると、どうやら落ちるらしい事がわかり、かなり焦りました(笑)
受験勉強的なものからは、10年以上遠ざかっていたし、昔からそれほど勉強は得意ではなかったので。
しかも、不景気も手伝い、就職が確実な看護学校人気が高まってきている時期でもあったので、倍率は毎年上がっていました。


高額求人多数あり!関東での転職ならナースバンクキャリアへ

プロフィール

ピスタチオ

Author:ピスタチオ
30代2年目看護師。
都内の大学文学部を卒業、社会人を経て看護学校卒業。
都内の総合病院入職後半年も経たないうちに退職。
しばらく派遣やアルバイトナースを経て、精神科単科の病院へ転職。
現在、楽しい毎日を送る男性ナースです。

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
オススメ転職会社
Design by おじば
Material by もずねこ
Powered by FCブログ
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。