男性看護師のまいにち

就職半年で退職。派遣看護師を経て精神科ナースとして働く男性看護師が、日々考えたこととか転職とか、いろいろ書きます。
TOPスポンサー広告 ≫ 看護学校を受けるまで1TOP看護学校受験 ≫ 看護学校を受けるまで1

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

看護学校を受けるまで1

ブログを始めるにあたり、とりあえず、自己紹介的な事でも書いてみますかねー

年齢は30代
看護師2年目です。

地方の高校を卒業して、大学入学の為に上京しました。
あ、大学は看護とかじゃなくて、普通の文系学部です。大学生の頃は自分が、看護師になるなんて考えもしなかったな。
大学時代は、学校の勉強はしなかったけれど、当時なりたい職業があって、それに向かって勉強をしていました。
結局、その夢には一歩届かなかったのですが、その時に学んだ、数学や英語が看護学校受験の時に役立ったので、まあ、勉強はしておいて損は無い!という、よく大人に言われた事を身をもって実感したりしました。
まぁ、30台になってから気付くってのも遅すぎるわけですが(笑)

その後、就職したり、退職したり、フリーターになったり色々ありまして、なんとなく思いつきで看護学校を受けてみる事に。
思いつきでって書いたけど、実際問題、30代になり何のスキルも無い私が就ける安定した職業ってものが無かったというのが大きかったのかもしれません。

何か今から始めて、すんなり受け入れてくれる業界は無いかなぁと、当時やっていた夜間警備のバイト中にネットで調べまくりました。
調べてみると、医者を含め、医療の世界は歳をとってから新人として入ってくる人はそう珍しく無いし、新卒の30代40代だからといって就職先に困るという事も無いようだ。。という事がわかりました。
んじゃ、いっちょ受けてみるか!でも医学部は入試に受かるかどうかも分からないし、カネもかかる。
看護なら学力のハードル低いし、学費も安い。
そんな妥協に妥協を重ねて、僕は看護の門をくぐったのでした。

高額求人多数あり!関東での転職ならナースバンクキャリアへ

スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

ピスタチオ

Author:ピスタチオ
30代2年目看護師。
都内の大学文学部を卒業、社会人を経て看護学校卒業。
都内の総合病院入職後半年も経たないうちに退職。
しばらく派遣やアルバイトナースを経て、精神科単科の病院へ転職。
現在、楽しい毎日を送る男性ナースです。

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
オススメ転職会社
Design by おじば
Material by もずねこ
Powered by FCブログ
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。